漢方相談・不妊・更年期 漢方薬局綾心 漢方薬膳カフェファルマシー 名古屋市中区

漢方薬局 綾心
綾心
感染症・咳・喘息の中医学ケア

漢方薬の常備薬で
 感染症の予防と対策

漢方薬は、体質改善や体調維持として長期服用されていらっしゃる方も多いかと思います。他に救急で服用する漢方薬もあり、例えば感染症対策も漢方薬で対処できる場合も多いです。
 
体調を崩すことがウイルス感染のリスクを上げてしまう事はご承知だと思いますが、いかに体調を維持しておくかが大切です。
感染症対策について、日ごろ店頭にてお伝えしていることをご紹介します。
漢方薬にも感染症対策の常備薬があり、症状に合わせて対策します。

風邪の初期対策の中医学ケア

1.赤いカゼ(熱のカゼ)

喉の痛み、発熱、頭痛、節々が痛む、咳など 。
風熱邪(ふうねつじゃ)が体に入った反応です。
この初期症状には、風熱邪気を追い出す対策をして、ウイルスの解毒と解熱作用の漢方薬を選びます。
涼解楽(りょうかいらく)、金羚感冒錠、板藍茶(ばんらんちゃ)、五涼華(ごりょうか)など。

涼解楽
イスクラ
涼解楽
第2類医薬品
銀翹散(ぎんぎょうさん)という風熱による風邪症状に使う代表的な漢方薬。喉・熱症状などの初期症状を感じたら、風熱症状に対応できる漢方薬で早めの対処が必要です。家庭の常備薬としておすすめです。
金羚感冒錠
小太郎漢方製薬
金羚感冒錠
第2類医薬品
銀翹散に熱を鎮める羚羊角をさらに加えた錠剤。顆粒で吸収が良い涼解楽と錠剤で解熱を高めたい時に金羚感冒片と2つをニーズに合わせて選択していきます。喉の痛みがありこれから風邪になりそうな時に、涼解楽かどちらかを。

2.青いカゼ(寒のカゼ)

ゾクゾク寒気がする、肩こりと頭痛、薄い鼻水が出るなど。
風寒邪(ふうかんじゃ)が体に入った反応です。
「ぞくっ!ときたら葛根湯」という表現がありますが、汗が出ず寒気がする時に体を温めて汗をかくことで、風寒邪気を発散させる漢方薬を選びます。
葛根湯(かっこんとう)、頂調顆粒(ちょうちょうかりゅう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、生姜湯 など。

葛根湯
イスクラ
葛根湯
第2類医薬品
中国の医学書“傷寒論(ショウカンロン)”“金匱要略(キンキヨウリャク)”に収載されている薬方薬。かぜのひきはじめのゾクゾク寒気がとれない時に。発熱前の数時間に服用して、発熱したり喉の痛みが出ると風熱の風邪薬を選択ください。
頂調顆粒
イスクラ
頂調顆粒
第2類医薬品
川芎茶調散という頭痛薬で、風寒による寒気・頭痛以外に慢性頭痛・月経周期に伴う頭痛・副鼻腔炎による頭痛などにも幅広く使えます。前頭・こめかみ・側頭・後頭部などの痛む場所と五臓の関係があり、原因究明に漢方相談をおすすめします。

3.黄色のカゼ(胃腸カゼ)

ムカムカする、体がだるい、下痢・軟便など。
湿邪(しつじゃ)が胃腸に入った反応です。
年末年始の飲み会や梅雨の季節に多い胃腸風邪、一部のインフルエンザや新型コロナウイルス感染でもみられます。
食べ過ぎ・冷たいものの飲みすぎや感染により湿邪が停滞すると、下痢や食欲不振に加え、重だるく感じます。胃腸から湿邪気を追い払い、停滞した胃腸機能を回復させる漢方薬を選びます。
勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、五苓散(ごれいさん)、五行草茶(ごぎょうそう) など。

勝湿顆粒
イスクラ
勝湿顆粒
第2類医薬品
湿邪が停滞して、体の重だるさ・下痢軟便・食欲不振・吐き気・鼻水などの症状がでます。胃腸を温め停滞した湿邪を取り除く漢方薬。旅行のお供に、梅雨時や年末年始など胃腸を崩しやすいときに常備しておくと安心です。

1・2・3の症状を判断し対処して、ウイルスが体に滞らないように早く追い出すことが大切です。
もしおかしいなと思ったら、すぐに対応出来るよう、家庭の常備漢方薬で家族を感染症から守りましょう!
ただ免疫力が弱っていると、どんどん体の中に侵入して行きます。
気管支に入ると、咳や痰が出て、高熱が続くと肺炎が心配です。漢方薬で初期段階の対応はできます。
しかし高熱が続くようなら、保健所やかかりつけ医に相談しましょう。

咳など風邪の後遺症や喘息の中医学ケア

4. 黄色の痰、発熱、ゼイゼイする

咳の特徴として、痰の色、粘性か乾性の痰を分けて漢方薬を選びます。
麻杏止咳顆粒(まきょうしがいかりゅう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、一風飲せきのど液、 など。

麻杏止咳顆粒
イスクラ
麻杏止咳顆粒
第2類医薬品
麻黄の発汗作用で邪気を発散し、杏仁が肺気を下げ、石膏が肺熱を清め、甘草がこれらを調和させるという麻杏甘石湯に止咳、利痰の桔梗や陳皮、滑石を配合して痰の排出を助けます。発熱後の黄色の痰が出る激しい咳に。
一風飲せきのど液
小太郎漢方製薬
一風飲せきのど液
健康食品
肺に潤いを与える麦門冬、南天に桔梗、甘草、牛黄を配合した飲みやすい咳止め液。1歳以上のお子様から服用できます。

5. 足の冷えを伴う慢性的な息苦しさ・喘息

もともと喘息気味や、風邪の後の咳が長引く時、肺と腎を助け根本対策をします。
平喘顆粒(へいぜんかりゅう)、双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、瓊玉膏 など。

平喘顆粒
イスクラ
平喘顆粒
第2類医薬品
体の下部の腎の陽気(あたためる力)が弱り余分な水分が処理できず痰が発生し、体の上部の肺にその痰が停滞すると、息切れ・喘息・咳の症状を「上実下虚」といい、腎の陽気を温め、肺に停滞した痰を処理します。
双料参茸丸
イスクラ
双料参茸丸
健康食品
腎は免疫力・生殖力・生命力を、肺は全身の気や呼吸を、同時に補うことで感染症や病気に対する抵抗力を高めます。冬虫夏草や鹿茸やゴウカイなどの希少な生薬を配合し、根本治療や体質強化に力添えが期待できます。
瓊玉膏
栃本天海堂
瓊玉膏
第2類医薬品
肺と腎の気(エネルギー)と陰(潤い)を補う膏薬。6種の生薬の滋養作用が体内を巡り新陳代謝を盛んにし、加齢や病後、体力低下や空咳などの乾燥が気になる方に胃腸に優しく、穏やかに働きかけ、じわじわと効果を感じます。

6. 粘っこい痰が切れず、顔が赤くむせるような咳

麦門冬湯(ばくもんとうとう)、滋陰降火湯(じいんこうかとう)
百潤露(ひゃくじゅんろ)、響聲白龍散(きょうせいはくりゅうさん)
など。

百潤露
イスクラ
百潤露
健康食品
ドライシンドローム(乾燥症候群)は中医学では「陰虚」体質とされ「百合参玉飲」(百合、北沙参、玉竹配合)のお茶で、五臓の心・肺・胃の3つの臓器を潤します。から咳、声のかすれ、寝汗や動悸や精神不安など気になる方にも。
白龍散
イスクラ
白龍散
健康食品
余甘子、銀耳(白きくらげ)、真珠、薄荷など喉に優しい生薬配合。乾燥から喉を守り、咳や喉の気になる時、喉を使う方に飲みやすい顆粒です。

最後に、日頃から免疫の調整をして、邪気を追い出す対策をしておくと、ウイルスから身を守ることが出来ます。

風邪から守る免疫調整の中医学ケア

ウイルスや菌から家族を守りましょう!
漢方薬・薬草のちからでウイルスや菌から家族を守る知恵があります。

7.感染症に対応してきた生薬や漢方茶

板藍茶
イスクラ
板藍茶
健康食品
アブラナ科、ホソバタイセイの根を乾燥させた顆粒のお茶。
生薬の板藍根は、抗菌・抗ウイルス・解熱・解毒作用などに優れた薬草。日本では藍染めの原料として解毒・消炎作用があり、農民の作業着や武士の下着などに重宝されてきました。中国では板藍根の煎じ液でうがいをする習慣があります。
五涼華茶
イスクラ
五涼華
健康食品
金銀花・野菊花・蒲公英・龍葵・紫花地丁の5つの薬草の花のお茶。
金銀花はスイカズラ、野菊花はシマカンギク、蒲公英はたんぽぽ、龍葵はイヌホウズキ、紫花地丁はノジスミレの花です。それぞれに抗菌・抗ウイルス・解熱・抗炎症・抗アレルギー、消腫、降圧、止咳去痰など様々な作用があります。
五行草茶
イスクラ
五行草茶
健康食品
スベリヒユの全草を乾燥させた粉末のお茶。
スベリヒユは清熱解毒・止血作用があり、赤痢や大腸炎、細菌性の下痢、湿疹・アトピーなどの皮膚炎、泌尿器の炎症に用いられる薬草。

8.粘膜調整して感染症と戦う基礎を付ける漢方薬

衛益顆粒
イスクラ
衛益顆粒
第2類医薬品
玉屛風散といわれ屏風のように邪気の侵入を防ぐ漢方薬。粘膜を強化し肺や脾の気を助け、邪気に負けない体質改善を目指します。免疫調整の生薬が配合され、だるさや疲れの改善、花粉症・アレルギー・感染後の後遺症などに。
麦味参顆粒
イスクラ
麦味参顆粒
第3類医薬品
風邪の発熱症状の後は、体のエネルギーと体液の消耗(気陰両虚)し、異物の侵入を防ぐ粘膜免疫も低下します。粘膜の潤いと線毛細胞の働きを回復して、感染後や病後、疲労や運動後の回復に、弱った呼吸力を助けます。

コラム掲載中

綾心の漢方相談

綾心では、対面での漢方相談を受け付けております。
現在のお悩みや生活についてお伺いし、
生活習慣のアドバイスや漢方による改善のお手伝いをさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-15-23
ライオンズマンション久屋公園109
TEL : 052-242-1558
営業時間 火~金 / 10:00~18:30
土曜日 / 10:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日・祝日
X
facebook
Instagram
note
©株式会社綾心
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE