漢方相談・不妊・更年期 漢方薬局綾心 漢方薬膳カフェファルマシー 名古屋市中区

漢方薬局 綾心
綾心
痛みの中医学ケア

漢方で痛みの緩和を
 サポートします

慢性肩こりから、頭痛、関節痛、腰痛、膝関節症、坐骨神経痛、リウマチ、帯状疱疹後神経痛などの多種の痛みの症状がありますが、痛みは相当に辛く苦痛なものです。

痛み止めなどで対応するだけでなく、根本治療を目指したいものです。
西洋学的と中医学は、痛みの捉え方が違います。西洋医学の急性期の対策と、中医学(漢方薬や鍼灸などの)ケアは慢性期の対策として検討される方も多いと思います。それぞれの良さを理解して治療を検討いただけたらと良いと思います。
 
体質は漢方面談の上、判断させていただきますので、初回の漢方相談は30分~1時間くらいかかります。

西洋医学の痛みの分類・原因は?


痛みは体性痛(体表の痛み)と内臓痛と部位を分けます。
原因は大きく3つに分けて考えます。

①侵害受容体性疼痛:組織・神経の損傷によって痛みの物質(プロスタグランジンなど)の生成による痛み
②神経障害性疼痛:帯状疱疹後神経痛など神経線維自体の損傷や術後の癒着や神経腫などによる痛み
③中枢神経障害性疼痛:心因性とも呼ばれ、脳の痛みの感受性が変化して敏感に反応することによる痛み

痛みは局所から痛みの物質が発生し、それを脳が感知して、交感神経の緊張による血管収縮、運動神経の興奮による筋肉の緊張を引き起こし、痛みの慢性化となり、血行不良を起こします。

痛みの原因物質のプロスタグランジンを抑制するNSAID(非ステロイド性鎮痛剤)は内服も外用も多種あります
胃腸障害などの副作用を防ぎつつ投薬され、定期的に血液検査をして副作用がないかをチェックします。
片頭痛治療薬、炎症対策のステロイド、がんの疼痛のオピオイドなどの治療薬もあります。痛みが脳に伝わり精神的苦痛になることを防ぐため、精神安定剤で対応することもあります。
外科的に神経ブロックすることで痛みを軽減したり、理学療法などで対応していきます。

中医学で痛みを考える

痛みを虚実で分類

「不栄則痛」
シクシク痛みの虚証タイプ、気血の不足した痛み
「不通則痛」
ズンズン痛みの実証タイプ、気血の停滞による痛み
の2つを中心に考えます。
 
中医学では経絡という考えがあり、長引く筋骨疾病(筋肉・骨・靭帯・神経などの病症)は絡病として、痺証・痙証・痿証など証(体質や病状)を捉え、局所だけでなく全体を捉えていきます。
以下、痺証を始め多種の痛みの中医学ケアと漢方薬を解説します。

病態や体質から痛みを読む

中医学では四肢、筋肉、骨格、関節においての痛み、重だるい、麻痺、しびれの症状を「痺証」といい、病態を捉えて体質を判断して、痛みを対策します。
実証として激しく発症する急性期と、虚証として穏やかに発症している慢性期があります。症状と合わせて体質を診て(弁証)、治法を導き、漢方薬を選択します。

実証(激しく発症・急性期)

外感証と内傷証として区分します。

外感証

痛みに影響がある生活環境や悪化要因から風熱・風寒・暑湿証と分けて、それぞれ特徴を捉えて対策します。
病邪の種類により行痺・痛痺・着痺・熱痺・頑痺と分類し特徴があります。

弁証(病邪)
特徴
治法
行痺(風邪)
関節の疼痛が遊走し不定(上部に多い)
袪風
痛痺(寒邪)
場所が固定され痛みが激しい
散寒
着痺(湿邪)
体の重だるく痛み、感覚麻痺も(下部に多い)
除湿
熱痺(熱邪)
赤い・腫脹・灼熱を伴う痛み
清熱
頑痺(正気不足)
関節の変形、こわばり、屈伸不利、腰痛
扶正袪邪
※表は横にスクロールします
内傷証

生活習慣や加齢などにより、気血水の停滞による病理産物が痛みに影響します。
関節痛以外に、肩こり、首こり、頭痛、帯状疱疹後神経痛などが、急に発症したり急性期の場合。

弁証
特徴
治法
気滞瘀血
ストレスなどの「気滞」により長引くと「瘀血」となる関節の腫脹、強直、疼痛、張る・刺す痛み
理気活血通絡
痰濁瘀血
代謝低下により「痰濁」が発生し疼痛が慢性化、局所の腫脹、皮下結節、腫れ・重くだるい痛み
化痰活血通絡
※表は横にスクロールします

虚証(緩やかに発症・慢性期)

五臓や気血水のバランスの崩れによる不調を整えることを考えます。

■五臓から診る

体の部位から五臓の脾・肝・腎に注目して対策します。
四肢・筋肉→脾
筋(腱・靭帯)→肝
骨・関節→腎

■気血水から診る

気血の不足により、痺れ・麻痺・無力などの症状に繋がります。
水の不足は、体重減少、筋肉の細り・硬さなどを感じます。

現実は、本虚標実という夾雑した症状が多く見受けられます。

本虚⇒脾・肝・腎の虚証、気血不足などの虚証
標実⇒風寒湿邪、痰濁、血瘀などの実証
 
加齢や疲労困憊などにより痛みが慢性化した場合、虚証を考えつつ、実証の対策も併用します。

おすすめ漢方薬・健康食品

独歩顆粒
イスクラ
独歩顆粒
第2類医薬品
扶正袪邪の特徴があり、気血・肝腎を補い、袪風・散寒・除湿・化痰袪瘀・通絡の作用があります。
冷えて痛む、過労で痛む、骨や筋を丈夫にしたい方に。
冠元顆粒
イスクラ
冠元顆粒
第2類医薬品
活血化瘀の特徴があり、丹参が主薬となる。丹参は痛み・腫れなどに対して鎮痛・抗炎症以外に抗血栓・血管拡張の作用があります。
慢性化した痛み、肩こり、頭痛、高血圧などの対策に。
水快宝
イスクラ
水快宝
健康食品
古い瘀血や頑固な痛みを取り除く水蛭(日本ではヒル)が、「利水道(体内の水液の運行を通利)」「破血消癥(腫塊を破る)」の効果が期待できます。
田七人参
イスクラ
田七人参
健康食品
金不換と言われたほど、貴重で万能な生薬で有名です。活血・止痛・止血の作用があり、肝臓保護・抗炎症作用もあります。
鎮痛効果を期待して漢方薬と併用します。また西洋薬の鎮痛剤の副作用が気になる方に。
爽月宝
イスクラ
爽月宝
健康食品
冷えて血流が悪い「陽虚血瘀」は痛みが強く、「散寒止痛・温経通脈」の体を温め経脈を通して痛みを改善と、「破血消癥」の効果を期待できます。
亀鹿仙
イスクラ
亀鹿仙
健康食品
潤いと精を補強する亀板、鼈甲、鹿角の三つの膠が配合。陰を十分に養うことで陽への転換を助け、底力をつけていきます。
活絡宝
イスクラ
活絡宝
健康食品
五臓六腑から体表へ向けて“経絡”という連絡通路の流れを良くする“活絡”(痛みやしびれの改善)作用の生薬を配合。
活絡丹
イスクラ
活絡丹
健康食品
酒製蘄蛇(ヘビ)、全蝎(サソリ)は伝統的な組み合わせの処方があり、さらに白殭蚕(カイコ)と地龍(ミミズ)など経絡を通し、風の邪気を取り除く多くの生薬を配合。

コラム掲載中

症状別関連コラム

綾心の漢方相談

綾心では、対面での漢方相談を受け付けております。
現在のお悩みや生活についてお伺いし、
生活習慣のアドバイスや漢方による改善のお手伝いをさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-15-23
ライオンズマンション久屋公園109
TEL : 052-242-1558
営業時間 火~金 / 10:00~18:30
土曜日 / 10:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日・祝日
X
facebook
Instagram
note
©株式会社綾心
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE