漢方相談・不妊・更年期 漢方薬局綾心 漢方薬膳カフェファルマシー 名古屋市中区

漢方薬局 綾心
綾心
目のトラブルの中医学ケア

目の症状は
 内臓からのサイン
  体質改善して目を大切に

スマホやパソコンで目を酷使していませんか?
その影響で目のトラブルも増えています。
眼科受診は必須ですが、日ごろの養生で目のトラブルを回避して、目を守ることができます。

中医学で「肝は目に竅を開く」といいます。
目のトラブルは肝と深い関係がありますが、中医眼科の「五輪学説」という考え方があり、目から五臓のサインを受け取り、体質改善から目のトラブルを治療します。
 
以下、瞼・眼球・眼底と分けてそれぞれの症状に合わせて、中医学の考えをご説明します。

瞼のトラブル
~五臓六腑との関係~

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)→脾・胃、肝・胆のチェックを

霰粒腫の場合、マイボーム腺のつまりが原因で、もちろん清潔にすることが重要です。
抗生剤の点眼が処方されます。
瞼は五臓六腑の脾・胃からのサインがでます。胃腸の疲れや、甘いもの・炭水化物・脂っこいものの食べ過ぎから、脾・胃肝・胆に疲れが現れるなど、新陳代謝低下も原因のひとつです。
目との関係から、ストレスも要因のひとつ、「肝鬱化火(ストレスなどで肝に熱のこもり)」があると、いらいらや高血圧に繋がり、目の炎症・充血とともに起きています。

中医学で脂質代謝の悪化は”痰湿(代謝産物で内生の邪気)”が溜まりやすいとして、高コレステロール血症、太りやすい、消化力の低下、むくみやすいなどの症状も伴うこともあります。
また、ストレスも関係し肝熱がこもることで炎症が続きます。寝不足や食事などの生活習慣を見直す必要があります。

眼瞼下垂→脾・腎のチェックを

大人になってからの眼瞼下垂は加齢の影響がほとんどです。
他の原因も考えられますから、眼科受診が第一です。
加齢の場合は、腎の弱り(腎虚)を考えます。五臓ののチェックをしてみてください。

眼球のトラブル
~五臓六腑との関係~

眼精疲労→肝のチェックを

眼精疲労は同じ作業が続くことで、焦点を合わせる眼筋が疲れて、筋肉に血を供給が低下し、痙攣や調節ができない状況になり、眼筋が疲労して焦点を合わせにくくなります。
ずっとテレビやパソコン、スマホを見ていると、中年以降はとても目が疲れます。
若い人でも筋肉が柔らかく栄養貯蔵があれば、眼精疲労を感じにくいですが、やはり酷使すれば、過度に消耗しますので、中年以降と同じく眼精疲労を感じていくでしょう。

は血を蔵する」といい、目を酷使すると肝血を消耗し、目の痛みやかすみなどの症状が出ます。眼精疲労を「肝労」といい、目を養う肝が疲労しているという状態です。
肝の、肝の(潤い)を増やす婦宝当帰膠や杞菊地黄丸で目に栄養を送ります。

視力低下・かすみ目・ドライアイ→肝のチェックを

肝血肝陰の不足が原因。肝血不足では、視力低下やかすみ目以外に、めまいや立ちくらみも同時に感じることも。
肝血を補う婦宝当帰膠などで対策します。
かすみ目・ドライアイは、加齢も多いに関係し、肝の潤い不足の肝陰虚があります。肝陰を増やす杞菊地黄丸を併用します。

結膜炎、アレルギー性結膜炎→肺・大腸のチェックを

結膜炎やアレルギー性結膜炎は、五臓六腑では肺・大腸が関係します。
肺は防衛の気(衛気)をコントロールしています。
花粉などアレルゲンや外環境からの防衛のカナメは肺です。
外因と内因と分けて原因を探ります。

外因(外環境やアレルゲンなどの外邪)に対応する

目のかゆみ・充血は、風寒・風熱犯肺として、肺が風寒・風熱の邪気で犯された状態として、風寒・風熱を制する漢方薬で対応します。

(風寒)
花粉症の始まりは立春頃、まだまだ寒い時期、風寒の邪気が粘膜に炎症を起こし、目のかゆみ・寒気・頭痛の症状が出ます。
川芎茶調散(調頂顆粒)という風邪の初期の頭痛対策となる漢方薬で対応します。

(風熱)
赤みを伴うかゆみ、熱感があれば風熱犯肺の症状です。
銀翹散(涼解楽)という喉痛や発熱に使う漢方薬で目のかゆみや充血に対応します。

内因(アレルギー体質の原因)に対応する

五臓六腑の肺・大腸の治療が必要としています。
防衛力が弱いことが根本にあり、アレルギーの根本治療は防衛の気(衛気・ルビえき)を強くするために、胃腸を整え、呼吸器系を強くする健脾・補肺の力のある玉屏風散(衛益顆粒)で粘膜・皮膚の強化をします。
また腸活が免疫に良いと言われます。
腸活はヨーグルトなどの乳製品より、日本人は発酵食品が体に馴染みやすいものです。
酵素飲料などを服用されて、栄養吸収が上がり、元気になることと免疫の調整力が付くことが同時に得られるため、健康食品として植物発酵飲料(大高酵素)はおすすめです。

白内障・老眼→肝・腎のチェックを

白内障の主な原因は加齢です。他に外傷や薬剤性の場合もあります。
白内障は水晶体の成分であるたんぱく質が、活性酸素によって変化して白く濁ります。
白内障の濁りは、薬で取ることはできず、最終的には白内障手術を受けることになり、濁った水晶体を取り去り、その代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を入れます。
老眼はピントを合わせる目の調節機能の衰えが原因で、レンズの役目をしている「水晶体」が硬くなり、弾性力が低下して、近くを見るときに調節ができにくくなる状態。
白内障・老眼は肝・腎ともに関係します。

腎は老化と密接で、老化は腎虚といわれ、腎が弱ると目の症状以外に腰痛や関節の症状や難聴や脳の老化も感じ、腎からのサインが出てきます。
漢方薬では水晶体の弾力性を支える肝腎の陰を補う杞菊地黄丸を中心に、腎虚のタイプにより漢方薬を選び対応することが必要です。
また抹消の血流が悪くなることが老化を加速させます。瘀血の対策も加えて考えます。

眼底のトラブル
~五臓六腑・気血水との関係~

一部の飛蚊症、緑内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性、網膜色素変性など、眼底にある網膜や視神経に影響がでると、視力や視野に障害を与えてしまう病気は、眼科疾患でも難病ですが、五臓からのサインが必ずあります。
そのサインに丁寧に対応することで、中医学は難病に立ち向かいます。

飛蚊症→肝・腎、気血水のチェックを

眼球の透明でゼリー状の組織の硝子体の混濁が原因。
生理的か病的かどうかの、緊急性を見極めるために眼科受診が必要です。
(生理的飛蚊症)ストレスやブルーライト、目の酷使、加齢が引き金になります。
(病的飛蚊症)光視症(視界の中心や端に光が見えたりチカチカする)があり、網膜裂孔・剥離や硝子体出血やブドウ膜炎の原因があり、眼科治療が早急に必要です。

緑内障→肝・腎、気血水のチェックを

緑内障は視神経に異常が起こり、視野が狭くなる、部分的に見えなくなる病気。失明率の1位、視野障害があっても自覚していないことが多く、発病は高血圧・網膜血流障害・加齢・遺伝、ストレスなどが関与しています。
網膜で光の情報が神経細胞により電気信号に変え、脳に伝達して視覚となります。
緑内障は視神経の異常が根本原因です。
視神経は40歳以前では100万本といわれる神経線維の集まりとなり脳へ伝えますが、視神経の障害が進むと視野障害・欠損、が出ます。

原因
眼圧が上がり、視神経を圧迫して、視神経障害が起きます。
眼房水は眼内圧のバランスを保持、栄養素の供給する働きがあり、その流れが悪いと眼圧が上がります。
分類
急性:原発閉塞隅圧緑内障
慢性:原発解放隅角緑内障、正常眼圧緑内障←日本の発症率7割以上
中医学ケア
高い眼圧は視神経にストレスをかけ、肝と腎を消耗します。
また、房水の水分代謝は腎とかかわり、先天的な要素は遺伝と、後天的な要素は加齢による腎精の消耗と関係します。
正常眼圧でも、視神経損傷から視神経機能を保全することが大切です。
気血不和や脈絡不利が関係し、網膜の保護作用と体質改善のための漢方薬を併用します。

糖尿病性網膜症→肝・腎、気血水のチェックを

糖尿病の高血糖状態が長く続くと網膜の微小血管障害が起き、糖尿病発症後5~10年で50%以上が発症すると言われています。
症状は視界がかすむ、視力低下、飛蚊症、最終的に失明の心配もあります。
血管障害があると血管浸透性が亢進して少量出血しやすくなり、血管閉塞があると網膜が虚血(酸欠)状態になり、新生血管ができると硝子体出血や網膜出血になりやすく網膜剥離の引き金になります。
発症して数年は自覚症状がないですが、毛細血管が出血したり網膜の浮腫や剥離まで行くと視力低下、ゆがみ、黒い飛蚊、視野欠損の症状が出ます。

治療は眼科での経過観察とレーザー治療や手術があり、内科での薬物療法が基礎ですが、漢方薬で予防と進行の遅延を助けます。

中医学ケア
糖尿病のため微小血管の瘀血が根底にあります。
糖尿病は肝腎陰虚や気陰両虚の体質が多く、体質別に対応していきます。
漢方治療も早めに始めて体質改善と合わせて目を守っていただきたいです。

加齢黄斑変性→脾・肝・腎、血水のチェックを

加齢などによって目の黄斑部に異常が生じる病気、60歳以上の高齢者の失明原因の第1位です。
症状は中心暗点、ゆがみ(変視症状)、コントラスト感度低下、視力低下があります。
発症原因は老化、パソコンやスマホなどの光酸化ストレス、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病、食生活やタバコが要因に挙げられ、遺伝的素因も関係します。

滲出型と委縮型の分類があり滲出型は日本人に多く、新生血管が網膜側に伸びて黄斑機能を障害するとされます。
治療は薬物治療やレーザー治療や手術、iPS治療などあります。

中医学ケア
脾・肝・腎の虚証が多く、出血や浮腫が発生、瘀血痰湿を作り、黄斑部を障害します。
病院治療に加え、弁証論治による体質改善と合わせて進行を防ぎ、目を守っていただきたいです。

目を守る養生

  • 読書やスマホ、パソコンの長時間使用に気を付ける
  • ブルーライトカット対策をする
  • 暗い手元での作業を避ける
  • 目との距離が近くなりすぎない
  • 良質な睡眠を、寝る前にブルーライトを見ない
  • 脂っこいもの・刺激物・飲酒・喫煙に注意
  • カフェインや水分の摂りすぎに注意

目の症状と合わせて体質を見極める(弁証論治)

気血不足
症状
目の乾き・かすみ、たちくらみ、倦怠感、胃腸機能低下、舌色が薄い
漢方薬・健康食品
婦宝当帰膠、補中益気湯(補中丸)など
肝腎両虚
症状
目の乾き・かすみ、めまい、耳鳴り、足腰弱い、舌苔が無い
漢方薬・健康食品
杞菊地黄丸、亀鹿仙、二至丹、艶麗丹、睛明丹など
肝鬱気滞・瘀血
症状
情志失調、イライラ、頭痛、胸脇張痛、目の張り、舌の周りが赤い、瘀血の場合は舌色が暗紫色
漢方薬・健康食品
冠元顆粒、田七人参、血腑逐瘀丸、水快宝、睛明丹など
脾腎両虚
症状
網膜の浮腫、寒がり、耳鳴り、むくみ、多尿、舌が大きく歯痕、舌苔白い
漢方薬・健康食品
牛車腎気丸、五苓散、シベリア霊芝など
痰湿・痰熱
症状
肥満、頭重感、舌が大きく歯痕、口の粘り、舌苔が厚い、
体の熱感・充血、イライラ、口苦い、舌黄色→下線は痰熱
漢方薬・健康食品
温胆湯、晶三仙茶、睛明丹、シベリア霊芝・瀉火利湿顆粒など

おすすめ漢方薬・健康食品

杞菊地黄丸
イスクラ
杞菊地黄丸:飲む目薬
第2類医薬品
有名な目のアンチエイジング漢方薬で、肝と腎を元気にします。
肝腎の強化には杞菊地黄丸が、飲む目薬として昔から重宝されています。肝油と一緒に飲んでドライアイ対策に。
睛明丹(せいめいたん)
イスクラ
睛明丹(せいめいたん)
健康食品
アワビの貝殻(石決明)、エビスグサの種のケツメイシ(決明子)、蚕(白僵蚕)、枸杞の実、菊花、など肝の経絡に入る生薬に、精神安定の宝石生薬の琥珀が入った睛明丹(せいめいたん)は、目と神経を酷使する現代社会には助けになるものです。
冠元顆粒
イスクラ
冠元顆粒
第2類医薬品
活血によい丹参(たんじん)製剤
肝腎の強化に飲む目薬の杞菊地黄丸を合わせて、アンチエイジングと網膜の毛細血管に良い血を十分に送って視神経を守ることを目指します。肝腎の強化で細胞の老化を遅らせる目的で、冠元顆粒杞菊地黄丸の組み合わせが良いと思います。
枸杞の原液
イスクラ
枸杞の原液
健康食品
枸杞原液100%で、ゆず茶割りでホットドリンクに。レモンを少し入れるとさっぱりドリンクに。炭酸割りでも美味しいです。1日20mlで140粒の枸杞の実を含みます。ゼアキサンチン、ビタミン、ミネラル、ペプチド、アミノ酸などを含み、老若男女の目を守るドリンクです。

コラム掲載中

綾心の漢方相談

綾心では、対面での漢方相談を受け付けております。
現在のお悩みや生活についてお伺いし、
生活習慣のアドバイスや漢方による改善のお手伝いをさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-15-23
ライオンズマンション久屋公園109
TEL : 052-242-1558
営業時間 火~金 / 10:00~18:30
土曜日 / 10:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日・祝日
X
facebook
Instagram
note
©株式会社綾心
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE