漢方相談・不妊・更年期 漢方薬局綾心 漢方薬膳カフェファルマシー 名古屋市中区

漢方薬局 綾心
綾心
皮膚病の中医学ケア

『皮膚は内臓の鏡』
  五臓の点検から
   根本治療を目指します

皮膚は内臓の鏡といわれます。
お肌のトラブルは一般的に外用薬で対応しますが、長引いたり繰り返す場合は、中医学は内臓からのサインとして捉えます。

肌荒れを始め、難治性のアトピー性皮膚炎、慢性湿疹、慢性蕁麻疹は皮膚の乾燥によるバリアー機能の低下と免疫系の関係があります。

皮膚症状以外に、五臓の点検をして、適切な漢方薬の服薬指導をさせていただいております。合わせて食事や生活の養生をお話しますので、漢方相談は初回に1時間ほどいただいております。

西洋医学の皮膚病の原因は?


皮膚は外敵からの侵入を防ぐとともに、体内からの水分がもれないようにするバリア機能があります。
外側から表皮・真皮・皮下組織と3層からなり、表皮のいちばん外側の「角層」がバリア機能を担います。
例えば、アトピー性皮膚炎の皮膚は、このバリア機能の低下により、水分の蒸発で乾燥肌になりやすく、また刺激やアレルゲンの侵入しやすくなります。
アレルゲンの侵入で免疫細胞が集まってきて炎症を起こし、さらに掻き崩しによってバリア機能が低下して刺激に弱くなり、免疫細胞が集まり炎症を繰り返すという悪循環に陥りやすくなります。

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含む多病因性疾患で、完治する治療法は今のところないので、薬による対症療法が原則になります。
薬はステロイド外用薬、免疫制御の外用薬、抗菌薬の外用薬などがあります。内服薬は抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、免疫調整薬、漢方薬があります。
スキンケアや食事や生活も、悪化要因となる刺激を避けて、ストレスなども避けて生活する指導が大切とされています。

中医学の考え

皮膚病は症状が安定するまでの波があります。
①症状が激しい急性期(火事が起きている)
②炎症が落ち着いては急変する慢性期(鎮火したが再燃しやすい)
③炎症がなくなりバリア機能を作る寛解期(肌の再建をする)

①~③を繰り返す波を小さくして、症状を安定させることが当面の目標です。
そして、最終目標はバリア機能が正常化して健康なお肌を取り戻すこと、中医学は肌を読み、体質を診て、健康なお肌と健康な体を同時に導くお手伝いをします。

中医学で肌を読み、体質を診る

湿疹の症状変化

お肌の辛い症状で、あてはまる症状はいくつかございますか。
①赤み斑点(紅斑)
②ジクジク(滲出液)・水ぶくれ(水疱)・膿疱
③ボコボコ(丘疹)、しこり(結節)
④ヒリヒリ・痛み(びらん・潰瘍)
⑤かさぶた状(痂皮)・うろこ状、フケ状(鱗屑)
⑥ゴワゴワ(苔癬化)
⑦浅黒い(色素沈着)
⑧カサカサ(乾燥)
⑨かゆみ(掻痒)

あてはまる症状を以下のように分類して、体質を考えます。
急性期と慢性期と分けて、中医学の対策方法があります。

急性期


皮膚症状
対策方法
湿熱タイプ
痒み・赤み・ジクジク・水疱・痛み
清熱・利湿
血熱タイプ
痒み・赤み・しこり・痛み
清熱・涼血
熱毒タイプ
赤み・ジクジク・痛み・水疱・しこり・痒み
清熱・解毒
※表は横にスクロールします

慢性期


皮膚症状
対策方法
血虚・陰虚風燥タイプ
カサカサ・赤み・しこり・かさぶた・ゴワゴワ・浅黒い・痛み・痒み
養血・滋陰・清熱袪風
瘀血風燥タイプ
カサカサ・浅黒い・赤み・しこり・かさぶた・ゴワゴワ・痛み・痒み
活血・涼血・清熱袪風
肝鬱血燥タイプ
カサカサ・痒み・かさぶた・ゴワゴワ・痛み
疏肝・涼血・清熱袪風
脾虚湿毒タイプ
ジクジク・痒み・赤み・水疱・しこり・痛み・ゴワゴワ・痛み
健脾・利湿・解毒
脾腎陽虚タイプ
痒み・カサカサ・かさぶた・ゴワゴワ・浅黒い・痛み
温陽・健脾・補腎・解毒
※表は横にスクロールします

参照:中医皮膚科学

急性期はいわゆる火事の対処をします。類焼を防ぐためになるべく早く対策すべきです。西洋医学の治療と併用して中医学ケアも可能です。
中医学では、清熱(熱を冷まし)、利湿(湿を追い出し)、涼血(血の熱を冷まし)、解毒(邪気を追い出す)などで、急いで鎮火させる対処法をします。
鎮火しても再燃することを防ぐことが大切です。
 
慢性期はいわゆる鎮火しても再燃が心配な状態です。波があるため、波が静まり症状が落ち着くまで、西洋医学の治療と併用して、体質改善も可能です。
中医学では、肌本来の力不足(先天不足)があり、悪化要因(邪気)が侵入しやすく、気血水・五臓のバランスを整える体質改善(生気を高める)が、根本治療と考えています。

養血(血を養い)、滋陰(潤いを増やし)、疏肝(自律神経の調節)、健脾(胃腸虚弱の立て直し)などをして皮膚バリアを強化し、再燃をふせぐために清熱・涼血・利湿などの急性期の治療も必要に応じて併用します。
また袪風(痒みを抑え広がりを防ぐ)をして、皮膚をかき崩さないようにします。
ステロイドの長期使用による副腎機能の低下やむくみや冷えもある場合、健脾・補腎(脾と腎を補い)、温陽(温め)や解毒も必要です。


中医学は同じ病名でも違う治療「同病異治」や、違う病名でも同じ治療「異病同治」をすることが多々あります。
漢方薬の服薬指導はオーダーメイドになり、症状や病名から漢方薬が直結しません。
詳しくは、お肌を読み、体質を診てから服薬指導をさせていただいております。

「漢方薬の内服」+「外用薬とスキンケア」+「食事・生活養生」

の三本柱が皮膚病の中医学ケアで重要で、緩解期へ導くことが目標です。
 
食事・生活の養生を合わせて、根本治療を目指し、きめ細かくご指導させていただきます。

改善されたお客様

湿疹・あせも

Before

After

テキストが入ります

膿痂疹

Before

After

テキストが入ります

おすすめ漢方薬・健康食品

清営顆粒
イスクラ
清営顆粒
第2類医薬品
血熱はほてり・のぼせ・発熱、赤みのある肌荒れ・ニキビ・吹出物・目の充血・イライラ・便秘・生理不順、さらに赤みある発疹・紫斑・出血を引き起こす原因の血熱を冷まし、便秘を解消して改善に導きます。
瀉火利湿顆粒
イスクラ
瀉火利湿顆粒
第2類医薬品
肝の湿熱が溜まり、体の上部の症状としてイライラ・目の充血・めまい・頭痛・脇腹張痛が、下部の場合は熱感のある排尿痛・排尿困難・腰痛・下肢のむくみが出ます。湿熱の邪気を取り除き、気血の損傷を守ります。
五涼華茶
イスクラ
五涼華
健康食品
感染症・不眠・ストレス・睡眠不足などにより熱毒が粘膜・肌の発赤・腫れ・熱感・痛み・痒み・しこり・化膿などを引き起こします。清熱解毒作用のある金銀花・蒲公英・野菊花・紫花地丁・龍葵の5種の涼花のお茶。
五行草茶
イスクラ
五行草茶
健康食品
五行草の和名はスベリヒユ、「天然の抗生物質」と言われ、中国では解熱・咳止め・止血・鎮痛・整腸・湿疹・虫刺され・皮膚炎・抗菌などに使われています。利水・清熱・整腸として、炎症や感染症の際に親しまれたお茶。
紅沙棘
イスクラ
紅沙棘
健康食品
四川省の高地で採れる沙棘の実を圧搾して抽出して沙棘オイル(1粒に2000個以上の実)は抗酸化・老化防止、抗炎症整肌、滋陰潤腸、血脂の降下の作用があるとされています。肌の潤い・細胞修復のための天然サプリメント。
艶麗丹
イスクラ
艶麗丹
健康食品
皮膚の潤いとハリ・ツヤは肺・脾・腎のケアから。ハシマ油というカエルの輸卵管と銀耳(白きくらげ)で潤いを、西洋人参で余分な熱を取り潤いと気力を、珍珠(真珠)で潤いと精神の安静を。4つの天然素材で美肌へ導きます。
亀鹿仙
イスクラ
亀鹿仙
健康食品
潤いと精を補強する亀板、鼈甲、鹿角の三つの膠が配合。陰を十分に養うことで陽への転換を助け、底力をつけていきます。肌の張りを膠質により補います。精がつくことで肌本来の力をつけていきます。

コラム掲載中

綾心の漢方相談

綾心では、対面での漢方相談を受け付けております。
現在のお悩みや生活についてお伺いし、
生活習慣のアドバイスや漢方による改善のお手伝いをさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-15-23
ライオンズマンション久屋公園109
TEL : 052-242-1558
営業時間 火~金 / 10:00~18:30
土曜日 / 10:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日・祝日
X
facebook
Instagram
note
©株式会社綾心
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE
来店予約・お問い合わせ
初めての方LINE