トップ > 皮膚病

皮膚病で、蕁麻疹・あせも・湿疹・アトピーでお悩みの方が増えてきています。
梅雨から夏に悪化する方と、秋から冬に悪化する方、春と秋のアレルギーの時期に悪化する方には大きく原因が違うようです。
梅雨に悪化する方は、ジメジメと暑さから、体に湿気と熱気(湿熱)が溜まりやすなります。梅雨の湿度が高い時期以外にも、湿熱を溜めやすい方は皮膚病になりやすいと言えます。汗で湿熱を上手く発散ことができない状況で、こもった湿熱を発散するために、肌に蕁麻疹や湿疹を発症させて、体から追い出そうとします。盛夏では、汗腺がスムーズに働き発汗しやすいのですが、汗をかいた後の処理が上手くできないと、あせも・湿疹・アトピーなどが悪化します。梅雨から残暑まで、湿熱によるトラブルは、肌だけでなく胃腸のトラブルとしても出てきます。
皮膚病は、すべて内臓からのサイン。「肌は内臓の鏡」と言われ、お肌のお悩みを解決するには内臓から。このジメジメで暑い季節をさっぱりと過ごすために、体に湿熱を溜めないように、内臓のクリーニングをこまめにしていくことです。
秋から冬にかけて悪化しやすい方は、乾燥肌で赤みや痒みが強くなるタイプです。これは皮膚の潤い成分の不足です。スキンケアで潤い成分を増やすのも限界があります。皮下組織の血液が順調に流れてこそ、皮膚の角質層が丈夫にふっくらしてきます。
皮下組織の血液の状況を良くしていくことが、ターンオーバーにより表皮が滑らかで潤いが出てきます。
皮膚病対策で大切なことは、食事の偏りをなくすこと。
冷たいもの、脂っこいもの、添加物の多いもの、甘いものなどを食べてしまうと、胃腸はダメージを受けます。ただ、症状が出るか出ないかは、胃腸強弱の程度によります。いわゆる“ひ弱”は“脾弱”とも書けて、五臓の脾の虚弱を意味します。脾弱の方は、痩せ型で疲れやすく、下痢や食欲低下などが特徴。さらにお酒やストレス、疲労がたまると、五臓の肝にも影響して、蕁麻疹や湿疹などを招きます。皮膚科の塗り薬で治っても、やめると悪化してしまう方は、体質改善に漢方薬と養生法は有効だと考えます。
しかし体質をよく見極めず間違った対処では、肌症状が悪化するので、しっかりご相談をして漢方薬やスキンケアを考えていきます。
食養生は治療を上手く行かせるためにも大切ですので、その点もアドバイスさせていただきます。
皮膚症状は波が激しいのですが、改善するとその波が穏やかになっていきます。
症状の波に合わせていきますので、お薬を変更しつつ治療を進行していきます。