トップ > 妊娠準備の症例紹介 > 妊娠準備の症例25

妊娠された方々の症例の一部です。
皆様の参考になればとご本人の承諾を得て掲載しております。

流産2回、子宮外妊娠で左卵管切除OPE後、漢方薬を2年服用後、体調が整って自然妊娠♪

漢方症例25:子宝相談 体調不良を漢方で改善して、排卵が分かりやすくなり自然妊娠されました

体温表①ご来店してすぐの基礎体温表です。体温表② 炒麦芽をして2相性になりましたが、タイミングを取りやすくなりました。体温表③ 化学流産を2回あり、次こそはと思っていると、 ついに妊娠反応出ました!!
2010年7月初回来局~201年6月 妊娠反応陽性 2013年2月 男の子を
妊娠確認時 40歳女性

☆来店前から現在までの経緯
・2002年4月 ご結婚
・2002年8月(30歳)自然妊娠、出産されたのですが、生後3ヶ月での心疾患で残念な結果になられました。ご夫婦とも染色体検査するが問題なし。

・高PRLの薬を服用中(後に伺った)に自然妊娠、心拍確認後に流産(双子)されたそうです。

・2006年8月(34歳)自然妊娠だが、子宮外妊娠で開腹OPE左卵管切除、同時に筋腫5cmと内膜症の出血痕の処置をされました。
・2010年7月(38歳)綾心来店 

子宮外妊娠のOPE後は、排卵前のだるさ・腹張、生理前の吐き気・眩暈・頭痛・便秘、疲れやすさ、下半身の冷えるそうです。

・2010年8月 充血が頻発、胃もたれ感じやすいので太田胃酸を飲むことが多いとのこと。
・2010年9月 足の付け根の重痛が生理になると取れるそうです。   
桃核承気湯で排便習慣付けようと試みるのですが、3,4日に排便1回のペース。

・2011年1月生理前の便秘はなかなか改善されず。胆のうの石灰化のことをこのとき初めて伺いました。
・2011年9月久しぶりに婦人科検診。流産2回の後、アスピリンを服用していたことを思い出されました。
・2011年10月婦人科にてチェックしてもらうと、排卵9日目、内膜が薄いことを指摘されました。

・2012年2月 炒麦芽服用開始すぐの検査でPRL9.8であったが、炒麦芽が効いているようで、排卵がはっきりしてきた。高温の維持力が付いてこられました。
・2011年4月 排卵日が11~13日目くらいになる。高温期17日間(生理前に5日間茶オリモノあり)化学流産??
・2011年6月29日 タイミングで妊娠、胎のう確認するが、茶色の出血が続く。
・2011年7月5日 心拍確認されました!!

・2013年2月 帝王切開にて無事に男の子を出産されました!

~お薬の内容~
全周期:婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、パナックスケイギョク(薬用人参・生地黄・茯苓・地骨皮・麦門冬・天門冬・蜂蜜)田七人参(でんしちにんじん)、ビオアクトLゴールド、百潤露(ひゃくじゅんろ)
生理3日間以外:高プロラクチン血症に炒麦芽(いりばくが)、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

排卵期~高温期:参茸補血丸(さんじょうほけつがん:黄耆・薬用人参・竜眼・鹿茸・杜仲など)

炒麦芽を使用してから、随分と基礎体温表が安定してきました。→基礎体温表②
2012年5月の右側卵管ある側に卵胞があると言われ、内膜6.8mmあり、タイミングをとるようにと病院の指示がありました。
病院で排卵済みであることを確認。高温期16日以上続き妊娠を確認!!
参茸補血丸から双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)へ変更しました。

~妊娠後のお薬の内容~→基礎体温表③
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・パナックスケイギョク・双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、炒麦芽(いりばくが)を服用いただきました。
出血が続き、婦宝当帰膠から帰脾湯(きひとう)へ変更して田七人参を出血塊がなくなるまで継続していただきました。
その後血塊はなくなり順調でした。
2012年6月に胎のう確認。8月の15週頃、便秘が悪化。百潤露(ひゃくじゅんろ)を服用すると便通がやや良いとのこと。今回の妊娠では貧血は問題ないご様子。
不整脈の診断をされて、経過観察中です。

その後、順調に経過を辿り、2013年2月に帝王切開で男の子を出産されました!

~綾心コメント~
漢方を服用されて、2年目を経過する頃に自然妊娠されました。最初は疲れが強く感じられていましたが、だんだんと楽になってきたとご実感されました。
便秘がお悩みでしたが、徐々に改善され、不整脈も経過観察程度に治まっていらっしゃいました。基礎体温表はガタガタしているのはなかなか改善されないことが、
以前の高プロラクチン血症との関係が深いことに気付き、炒麦芽を始めてから、基礎体温表がきれいになっていらっしゃいました。
そして炒麦芽を始めてから半年後に妊娠され、やはりストレスなどによるプロラクチンの影響が強かったことが、大きな原因になっていたことが分かりました。
左卵管が子宮外妊娠により切除されていらっしゃったので、チャンスはどうしても少なくなりますが、待っていました。
化学流産のような高温期が長い周期を2回ほどしてから、本当の妊娠に至られました。私も喜びがひとしおでした!
出産までお付き合いでき、また産後のケアもお手伝いできること、幸せです。
どうか、お体に気をつけて、元気な赤ちゃんともども、お店でお会いできることを楽しみにしております。