トップ > 妊娠準備の症例紹介 > 妊娠準備の症例19

妊娠された方々の症例の一部です。
皆様の参考になればとご本人の承諾を得て掲載しております。

子宝相談 高プロラクチン 多のう胞卵巣(PCO) 咳症状 

漢方症例19:子宝相談、タイミングで3年目、咳症状改善したら妊娠♪

体温表① ご来店してすぐの基礎体温表です。体温表② 風邪の後の咳が大変そうです。体温も安定しません。。。体温表③ 卵管造影後タイミングで妊娠しやすくなっていることを期待。そして体温が安定してついに妊娠反応出ました!!
2010年1月初回来局~2010/8/30妊娠反応陽性 2010年5月9日 男の子を出産されました
妊娠確認時 34歳女性

2002年にご結婚されて、2007年から婦人科を受診してタイミングをとるが妊娠に至らず。3年目になり、漢方を始めてみようと来局されました。
いままで海外旅行を楽しんでいたりで、タイミングを休むことが多かったようです。
プロラクチンがやや高く18.6、多のう胞卵巣と言われたこともあるとのことです。
初来店の時点では卵管造影などの検査はまだされていませんでした。ご主人の検査は異常なし。

パソコンのお仕事で目の疲れが強く、爪も割れやすいと思うとのこと。風邪を引きやすいので、気をつけているせいかずいぶん減ってきたが、季節の変わり目になると、喉の痛みがあることが多いそうです。
頭痛もあり、目の奥が圧迫される痛みで辛いご様子。冷え性は自覚されていました。

排卵期のオリモノがあまり分からないが、生理前に茶色のオリモノがあり、生理の血液に塊がみられるそうです。

~お薬の内容①~
全周期:婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、パナックスケイギョク(薬用人参・生地黄・茯苓・地骨皮・麦門冬・天門冬・蜂蜜)
低温期:逍遥丸(しょうようがん)、参茸補血丸(さんじょうほけつがん:黄耆・薬用人参・竜眼・鹿茸・杜仲など)
生理期、排卵期:冠元顆粒(かんげんかりゅう:丹参・紅花・木香など)、水快宝(すいかいほう)
排卵期~高温期:参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
生理が楽になってきたとのこと。経血の排泄を促進させたので痛みが軽減したと考えます。

3月に入り、風邪の後の咳がなかなか治らない。痰が喉と鼻の間に引っかかる感じで、喉の痛みと軟便ぎみが続いていらっしゃいました。
そこで排卵期~高温期のお薬を双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)に変更。

~お薬の内容②~
6月に入ってようやく咳は落ち着いていらっしゃいました。卵管造影をしていなかったので、調べてみると左はすんなり通って、右側は徐々に広がってきたと言われたそうです。
生理前の茶色のオリモノ対策に、二至丹(にしたん、女貞子・かん蓮草の製剤)を服用していただくことにしました。これは生理前にのぼせガあることと止血作用を期待しています。
また生理前に生理が来るのか気になり、どきどきすることもあると伺い、生理前にの天王補心丹(てんのうほしんたん)を安神を期待して少しだけ追加しました。

~お薬の内容③~
8月の周期でLHチェッカーをして陽性が出てから、階段的に体温が上がっていくのが心配とおっしゃっていました。
心配しつつも・・・ついにこの周期のタイミングで妊娠反応陽性を確認!!

~妊娠後のお薬の内容~
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)・パナックスケイギョク・双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)を服用いただきました。
くしゃみをしてからピンクのオリモノが出たので心配したが心音確認できて一安心。
その後、くしゃみは続くが特に心配なく過ごされました。


~綾心コメント~
とても丁寧に基礎体温表を付けていらして、そして詳細に書かれてきれいな基礎体温表です。
3月から3ヶ月ほど続いた咳がやっと落ち着いて、体調が戻ってからの妊娠で、本当に良かったです。
基礎体温表がみるみるきれいに二層性になって、これが3周期くらい続いていくうちに、妊娠するよ!とお伝えした矢先の妊娠でした。
お薬をしっかり忘れず飲まれた結果だと思います。

本当に風邪には十分にお気をつけになって、大切な赤ちゃんをすくすく育てていただきたいです!!


~出産報告いただきました!!~

漢方薬局綾心 辻さま

こんにちは、お久しぶりです。
5月9日に無事、男の子を出産しました!出産前々日の夜に破水→入院となってから、長時間陣痛と戦った上に、赤ちゃんの負担を考え、最終的に緊急帝王切開になってしまったため、術後しばらく弱っていて、お知らせが遅くなってしまいました。19日に退院予定ですが、今では体力も随分回復し、毎日病室で慣れない育児と格闘しています。

やっと会えた生まれたての赤ちゃんは温かくて柔らかで、無条件に愛しい存在です。毎日、寝顔を見ては一人でにんまりしてしまいます。

無事にこの日を迎えられたのは、いつも親身に相談に乗ってくださり、適切なお薬を処方してくださった辻さんのお陰です。本当にありがとうございましたm(__)m

退院後は一ヶ月ほど実家で過ごすつもりですが、自宅に戻って落ち着いたら、一度赤ちゃんも連れてお伺いしますね。

それでは、取り急ぎご報告まで。

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|

次のページへLinkIcon