トップ > コンセプト

漢方薬局綾心は、薬膳カフェ・ファルマシーを併設しております。漢方や薬膳をもっと身近に取り入れていただきたいと思いカフェで気軽に健康相談していただけるように目指しております。薬膳カフェといっても、ランチは家庭薬膳料理です。母の味が家族の一番のごちそうです。薬膳料理は旬の野菜を使ったものをバランスよく毎日食べていただいてこそと思い、こちらで味わっていただいた薬膳スープをおうちで気軽に再現できるようにレシピを付けて販売もしております。カフェで健康相談を気軽にしていただくには、オーダーメイドの薬膳茶を体験していただくことをお勧めします。薬膳茶は漢方の入ったお茶です。漢方を始める前に体質に合ったぴったり薬膳茶をカフェで体験してみてください。漢方の香りはしますが、意外と美味しくいただけます。薬膳茶を作る前に簡単なチェックシートにお答えいただき、あなたに合った漢方をブレンドしてお出しします。薬膳茶は漢方薬よりはマイルドなものですから、症状を改善したいとか体質改善したいという方は、漢方相談を奥の漢方薬局綾心にてじっくりカウンセリングさせていただきます。漢方相談は予約制ですので、よろしくお願いいたします。カフェ ファルマシーの薬膳スープレシピは季節ごとに更新します。季節に合わせたスープレシピをお楽しみください...

1.薬食同源(やくしょくどうげん)
いのちを創るには食材が大切です。人のからだは食べたものからしか出来上がりません。体の状態を知り、それにあった食事は何よりの薬です。日々の食事を薬膳料理にすることは意外に簡単なことです。デイリー薬膳料理の具体的レシピと漢方を取り入れたライフスタイルを提案します。

2.身土不二(しんどふじ)
旬の食材はまさしく薬膳料理。土地の旬の野菜をその土地で消費する。農薬の心配をなるべくなくした野菜が流通して欲しい。カフェ・ファルマシーでは、岐阜の農家さんのなるべく農薬を使わずに育てられた野菜を使っています。

3.国際支援
内戦の影響を受けたアジアの国々(ラオス・カンボジア・東ティモールなど)はコーヒーが主な輸出品です。
このアジアの国々のコーヒーを飲むことから、身近な国際支援が出来ることを知っていただきたいと思っています。
カフェファルマシーのコーヒーはすべて、これらの国々のコーヒーを使っております。