トップ > コラム > コラム01

季節に合わせて色々でてくる体の不調や症状。
そんなお悩みにコラムとして綴ってます。

薬膳スープストックのすすめ

2014年2月7日

食事はいのちを支える大切なもの。
食事の大切さは、健康なときは気付きにくいものです。病気になる前に食事の大切さを十分に知って養生していけば、いつも楽しく元気にいられます。

これからご紹介するものは、日本の伝統的な出汁を応用した、薬膳スープストックです。出汁は、鰹や昆布や煮干、九州のアゴなど地域による特色があります。その出汁に生薬を加えて一緒に煮出しておきます。このスープストックを色々な料理に応用してみてはいかがでしょう。

体質を知りそれに合わせて治療や養生することは中医学で、弁証論治(べんしょうろんち)と言います。体のタイプ(証)を弁論して食事や生活の養生法や必要ならば処方(レシピ)して薬を飲んで治療します。

まずは体質チェック表に印をつけて、あなたの体質を調べてみましょう。体質を知ることで、あなたに必要な食材やハーブや生薬類が分かる仕組みです。それはあなたにぴったりの生薬ブレンドの薬膳茶やスープを作ることができます。もちろんひとりだけでなく、家族みんなが健康になるための薬膳茶やスープストックにもできます。

食は薬と同じように健康を作り出す源です。つまり薬食同源です。
食事に健康の源を求めていくために、薬膳スープストックを是非お勧めしたいと考えます。